FC2ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長いから覚悟汁
ごきげんよう、皆さん
秋の夜長をどうお過ごしでしょうか?
私は週6のバイト漬けの日々のせいで
午前という時間が無くなりました
さようなら午前、こんにちわ深夜
両方AMなんだけどね

今日は信じれば報われるという話
追記にしてしまうくらい長文です


最近自分に学が足らないことを痛感することが多々あります
というか思ったコトを巧く言葉で表現出来ない、もとい文に出来ない
それは単純に言葉を知らないせいなのか
マンガ以外の本を読まないせいなのか
はたまた小学生時の国語嫌いのせいなのか
原因はどうでもいい
問題は今からどうか出来るのかである
誰か知ってるなら教えてくれ

何か素晴らしい本やコラムを読むとすぐこういう思考に陥り、
軽い鬱状態になってしまう
本当はこのクセをなんとかしたい



信じれば報われる
念じるってのは凄いんだよ

それに気付いたのは小学校6年生の時だった
小5の頃、角はどーしてもメガネが掛けたかったんだ
今でいうメガネ萌えとかそんな概念も現れていない時代なのに
何故だったんだろう、言うなればメガネから滲み出るあのインテリ臭に
子供ながらナニか特別なものを感じたのだろう
その頃の視力は両眼共に2.0
些細なことでも人より高い数値に優越感を感じていた少年時代
両眼2.0というのは単純に嬉しかった
しかし、これではメガネが掛けられない
視力なんてそう簡単に落ちるものではない
遺伝も関係しているらしい
うちの家族は爺婆含め誰一人としてメガネを掛けていなかった
絶 望 し た
だ が 念 じ た
「 メ ガ ネ を 掛 け た い 」
したら小6になる時には両眼共0.5まで落ちた
神様はいるんだ! ラピュタは本当にあったんだ!
その時、念じるということの大切さを知った

その後も何度か「念じる」ことはしたのだが、
念じ方が甘かったせいか失敗に終わった
ただそれは失敗ということではないんじゃないか
慶応普通部に落ちたのも
学校の成績が低かったのも
筋力がつかなかったのも
受かりたい!高めたい!強くなりたい!という気持ちが、
メガネを掛けたい!ほど強いモノじゃなかっただけなんだと思う

実際にメガネ以来、本当に強く望んだことは無い
じゃぁメガネは偶然だったのか
そこで同衾である
20も近くなると全く新しい言葉を覚える機会は少なくなる
そんな角が新しく覚えた言葉、同衾
いまコレを読んでて同衾という言葉を知らない人も多いだろう
愛と青春の成り立ちの作中に使われた言葉である
読み終わったその日から

同 衾 し て ぇ ー !

同衾・・・
そうなった状況で行為をしないことが今の自分に可能なのか
そこで堪えてこその同衾、まさに大人である

朝昼晩お構いなしに念じて早2ヶ月
その感情はメガネと同等、いやそれ以上の念かもしれなかった
その念がいかに強かったか
それは、メガネの1年に対し
同衾は2ヶ月ということで分かってもらえるだろう

やはり今までは念じ方が甘かった
強く念じれば願いは叶うんだ

決して
メガネの時はフトンを被ってポケモンやってて目が悪くなったわけでも
同衾の時は余りに高嶺の花すぎて手が出せなかったわけでも無い


























要はヤリたかったって話
スポンサーサイト
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL :

CALENDER
11月 « 2018/12 » 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
RECOMMEND ITEM
ARCHIVES
SEARCH BOX
POWERED BY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。